読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダに住む日本人と日本に住むカナダ人の日常

カナダ・バンクーバーの日常、役立つ情報を現地からお届け!時々ぶっ込んだことなども書いてます!

バンクーバーで部屋探し

f:id:conoco2:20160616153801j:image

 
海外に来てまずしなければならないこと、それは住まいの確保ですよね。
ホームステイを終えて、アパートを探す方も多いでしょう。
ということで今回はバンクーバーでのお部屋探しのあれこれと注意点の紹介です。
 
 
どうやって探す?

基本的には掲示板を使ってが多い。

•JP canada 日本語で安心! 賃貸以外にもたくさん役立つ情報サイト!

http://www.jpcanada.com/index_mobile.html

•Craigslist 北米で人気のサイトhttps://vancouver.craigslist.ca

 

•Kijiji こちらも北米で人気のサイト

http://www.kijiji.ca

 

知っておきたい単語
 

Utilities : 光熱費。

 
Hydro : 電気代。(BC Hydroという会社があることから。)
 
Rent : 家賃。
 
NS(no smoking) : 禁煙。
 
NP(no pets) : ペット禁止。
 
Dep(Deposit) : 保証金。
 
TO(Takeover) : 引き継ぎ。
 
Furnished : 最低限の家具付き。
 
Bachelor/Studio : ワンルーム
 
Den : 書斎や物置に使用されるスペース。
 
Solarium : 日光を取り入れやすいようになっているスペース。ガラス張り。

 
費用の目安は、$450-$700。
ロケーション、シェアをする人数により異なってくるが、大体はこんなところ。
 
 
アパート、一戸建てのシェア
f:id:conoco2:20160910193139j:image

1番多いのが、何人かでひとつのアパートをシェア。
ダウンタウンから少し離れると、一戸建てのお家を何人かでシェアで住居者募集もちらほら。
基本的には、1ベッドルームには2人までしか住んじゃいけない、など各賃貸会社での決まりがあるのですが、実質、3人、4人で住んでいるパターンは少なくない。
人数が多ければその分、一人一人の家賃は安くなりますからね。
例えば、リビングを布で仕切り部屋を増やす、更に*Den、*Solariumにも人を詰め込む...
ここまできたらもう本当にただ寝るだけのスペース...さらにそんな安くない!ってこともあるので注意。
無理矢理感がありすぎるのもちょっとね....
(*Den: 本来は書斎などに使う目的の小さなスペース。
*Solarium: 日光を取り入れる為にガラス張りになっているスペース。基本的に狭く、住むスペースとしてはどうですかね...ガラス張りですよ?めっちゃ眩しいです!笑)
 
掲示板で見つけると、大抵の場合が
部屋引き継ぎです。
引き継ぎというのは、出て行く人からアパートの一室、(ベッドルームだったりリビングだったり)を引き継ぐ、ということ。
決まった期間しか滞在しないワーホリや留学生が多いが故のこの形式。
ここで勝手なルールが一般的になっています。
勝手なルールとは、テイクオーバー。(Takeover)とデポジット(Deposit)を前の住人(引き継ぐ人)に払うこと。
 
デポジット(Deposit)とは、保証金。
本来ならアパートの契約者が契約時に大家さんに払うもの。出て行く時に部屋の状態(破損、汚れ)を見て相当した金額が返ってくる。しかし引き継ぎの場合は留学生から留学生へとデポジットがまわっている場合が多いので、引き継ぐ際に大家さんにではなく前の住居者に払う可能性大。
 
テイクオーバー(Takeover)とは、ワーホリや留学生の間で、その部屋にもともとある家具(前の住人が購入したもの)を引き継ぎで使うという制度。
 
ベッド、机、ソファー、ドライヤーなどを出て行く人からいったん買い取る。
そして自分が出て行くときには自分で次に住んでくれる人を探し、その新しい入居者からテイクオーバーをもらうという仕組み。
これ、せこい野郎はそいつが払った額よりも上乗せしてきます。
なにが困るって、いざ自分が出る時に次の入居者が見つからないパターン。
そうなると払ったテイクオーバーは返ってこないという悲劇。
 
 
 そしてここでシェアの注意点

  • 本来住んで良い人数を越えた人数で住んでいる場合、大家にばれるとすぐ退去になるパターン。
  • 狭っい部屋なのにぼったくりの値段のところ多し。
  • テイクオーバーのぼったくりも多し。
  • 同居者、オーナーとのトラブル。
メリットは?
  • 部屋なんて寝れりゃいい!という人は安くで見つかる。
  • 出て行くのも次の人さえ見つければ簡単。(家具を処分しなくていい、大家さんと契約していないので手続きもなし。など)
  • ダウンタウンで見つかりやすく便利な場所が多い。
  • 同居者と気が合えば超楽しい!
 
事前に確認すべきことは?
 
  • インターネット、ハイドロは込みの家賃なのか。
  • ランドリーの料金。(洗濯機は部屋の中になく、アパートの中に共有のランドリースペースがある場合が多い。)
  • 最低契約期間。
  • テイクオーバーの料金、本当に払う価値のあるものが備え付けられているのか。
  • ルールはあるのか。
 
生活時間も異なる他人と住むのは多少の我慢も必要だし、トラブルも避けれない。
なので、入居前にしっかり確かめれ
りことは確かめましょう。
でも、我慢しすぎないで、やっぱりおかしい!っことがあればちゃんと伝えて、あまりにもおかしいことがあれば出ていきましょう。
 
楽しい毎日を過ごせるように、ほっとできる自分の居場所は大事ですからね!!
 
テイクオーバーの私の体験談も書いています。
 
 
 
 
ありがたいあなたのポチッとをお願いします。

人気ブログランキングへ